進む季節

 2016年 5月29日


f0150620_8575298.jpg


 紫陽花は放任していても勝手に咲くと思っていたが、剪定時期を間違えると翌年花芽が付かない! 
 毎年確実に咲かせようと思ったら、花後の剪定をしないというのも一つの方法だけど・・
 紫陽花の生長は早く、あっという間に大きくなるため、放任していると庭のスペースを占領してしまいます。
 花の後、7~8月頃には翌年の花芽が出来るので、その頃までには剪定を済ませたいですね。
 アナベルなどの品種は、どこで剪定してもまた新しい芽が出てきて咲くので安心です。
 ということで、去年の剪定が成功し今年は花がたっぷり!!
 逆に来年は株をコンパクトにまとめるための強剪定も視野にお入れないといけないかも・・・。

ランキングに参加しています、クリックして頂けるとうれしいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
[PR]
Commented at 2016-05-31 01:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by suzu_ronron at 2016-05-31 21:00
だまこさん♪

こんばんは~、カマキリにこんなに反応してくれて嬉しい(笑)
薔薇は終わり落ち着きを取り戻しつつある私の庭です!
紫陽花が咲き出し、薔薇の花がらを切ってしまえば、庭仕事も落ち着くはず~、久しぶりにお合いしに出かけたいです♪
by suzu_ronron | 2016-05-29 09:09 | ガーデニング | Comments(2)

ベルバーンとは積水ハウスの外壁材の名前です。建築ブログから始まった私のブログですが、今では趣味のガーデニングをはじめ、日々のつれづれを気ままに綴っています。


by すず
プロフィールを見る
画像一覧