捨てられない人は切れない人・・・・(-_-;)

 2016年 9月25日


 ファッションは必ず戻ってくる・・・・これは母の口癖
 確かに昔流行したものが10年くらいのサイクルでまた流行ったりするのは感じるけれど
 物持ちのよい母は、決して服を捨てたがらない!
 確かにおしゃれな母は、それなりに自分に似合った素敵なものを持っているのだけれど、とにかく捨てるのが嫌!
 断捨離なんてもってのほかだし、リサイクルショップに持ち込んでは、下取りの安さに激怒して持ち帰る~
 典型的な捨てられない症候群!
 でも、最近は欲しいものがないらしく、めっきり新しいものを買わなくなった
 それでも生活できるのは、65才まで公務員として働いた現役時代にどれだけ沢山洋服を買ったかという証拠ね(^^;)

 そんな母は、洋服だけでなく庭の木も切れないのだ!
 えっ?なんのこと?と思われるかもしれないけれど
 樹木も生きているので、年月とともに成長し、お手入れをしなければすぐに庭はうっそうとする
 去年まで、母の仕事の関係で営林署の現場を退職した、通称「山のおじさん」が
 我が家の庭の樹木を、年に2回ほど剪定してくれていた
 母の長い知り合いで、昔話をして、お茶を飲みながらのお仕事だったけど
 さすがに現場を経験しているので、高級な植木などない我が家ではもったいないくらいのおじさんだった・・・
 でもね、お年を召して緑内障で片目の視力がなくなってしまい、もうお仕事を頼めないのです

 今年の夏最後のお仕事を頼んだとき
 私はすかさず、あれもこれも切ってもらうように頼もうとしたのに・・・・
 母が大反対!もったいないと言い出した~~(^^;)
 確かに色々思い出は詰まっているかもしれないけれど、私には樹木の剪定は出来ないよ~

 結局は中途半端に1本だけの剪定と、長いおしゃべりで1日が終わり
 夏が終わった母の、和の庭は、それはもう薄暗くなるほどうっそうとした庭となったのです

 さあどうする??
 植木屋さんを頼むほどの庭でもないし、市のシルバーセンターに頼んだら?と母に提案するも
 どうもお値段が気に入らないらしい(変なところがけちんぼで、頑固な母)
 じゃやどうするわけ???何度かの親子げんかの果て
 結局私が耐えきれず、本日朝7時前から4時間半、「山のおじさんが」残していってくれたのこぎりを片手に「山のおばさん」に変身しました~
 

f0150620_12511385.jpg


 切るのはためらいもなく切れるんです、私(笑)
 その後の、枝の始末がもう大変
 バラとかとげのあるものも切ってますから、ゴミの収集の方が怪我するといけないしね
 それに、まだ仕事は4分の1くらい?
 脚立を立てて梅の木の剪定、サルスベリも切らないといけない・・・
 
 主人が体調を崩してからは、一切外回りの仕事は頼めないので
 私が「山のおばさん」になるしかない我が家です(-_-;)
 出来ればシルバーさんと一緒にやりたい~~~
 シルバーさんを頼むこと、もう一度母に交渉してみよう
 
 ちなみにガーデンテーブルのペットボトルは、私の水分補給のため(笑)
 そしてピンクのメジャーは、倒壊したバラのアーチを撤去して新しいものを立てるための測量に使用!!
 バラのアーチ再建という大仕事、これが本当は1番大変な仕事なんですよ~~(汗)


 
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



 
[PR]
by suzu_ronron | 2016-09-25 12:58 | ガーデニング | Comments(0)

ベルバーンとは積水ハウスの外壁材の名前です。建築ブログから始まった私のブログですが、今では趣味のガーデニングをはじめ、日々のつれづれを気ままに綴っています。


by すず
プロフィールを見る
画像一覧